タンケンツアーズ取締役

タンケン・ツアーズ・リミテッドは、ニュージーランド南島クイーンズタウンを拠点に、1993年に創立された日本人観光客専門のドライバー兼ガイド会社の草分け的存在です。弊社は、NZ政府自然保護省から各地のガイドツアー入山許可を取得し、政府認定の日本語ハイキングガイド会社・ドライバーガイド会社として、世界遺産や国立公園内で日本人のお客さまを日本語でご案内しております。

私たちは全員、NZの観光産業に長年従事し、歴史、文化、自然などに詳しく、豊富なガイド経験を積んでおります。観光に加え、夏期はハイキング、冬期はスキーへとご案内。その他、一年を通じて、テレビや雑誌等の取材や撮影のコーディネートの仕事も承っております。

下記の自己紹介の通り、弊社のスタッフは興味深い経歴の持ち主ばかり。様々な話題で皆さまのニュージーランドの旅を楽しく演出いたします。

Richard Ryall

Richard Ryall

リチャード・ライアル

取締役

1963年、英国生まれ。数々の職業を経験しながらネパール、カナダなどでトレッキングの旅を続け、日本での生活の後、NZで永住の地を見つける。1997年「NZ南アルプスの植物」を日本語と英語で出版。2002年には「NZ楽園の鳥たち」を日本語で出版、2009年に取締役のクレイグ、デービッドと共著でロンリープラネット社英語ガイドブック“Hiking In Japan”を著する。

1998年にネパールヒマラヤへトレッキングで訪れ、エベレストのパワーに影響されてプロポーズをし結婚を射止めた。同年、耐久アドベンチャーレース「サザントラバース」にクレイグ、デービッドと共に完走。2017年からNZを縦断するロングトレイル「テアラロア」を完歩することを目指している。

ガイド業の他にテレビ番組制作にも尽力し、NHK「グレートサミッツ世界の名峰・アスパイアリング」、テレビ朝日系列「朝だ!生です旅サラダ」などに出演しながら、世界中を飛び回っている。2010年から一年間、家族と仙台に滞在中、東日本大震災にあうという貴重な体験もした。

Craig McLachlan

Craig McLachlan

クレイグ・マクラクラン

1962年、ニュージーランド生まれ。オークランド大学卒業後、日本に滞在し、日本文化を学んだ。1990年代には、徒歩で日本縦断、四国霊場八十八ヶ所巡り、日本百名山踏破、日本横断登山チャレンジなど日本を舞台に様々な冒険を繰り広げる。

雑誌や本の執筆活動にも忙しく、洋販出版、小学館文庫、ロンリープラネット社から本を出版。2000年には、頭脳のチャレンジとして学生に戻り、アメリカ・ハワイ大学でMBAを修得した。妻ユリコと共著で日本語ガイドブック「オール・ミルフォード・ガイド」を2001年に出版。

現在では、ギリシャ、スイス、オーストラリア、太平洋諸国へ、ハイキングガイドとして日本人のお客さまを案内する傍ら、空手、ゴルフ、テニスその他、多くのスポーツにも精力を出している。2017年からはプロテニス選手である息子のサポートに尽力すると同時に、法的結婚執行者の資格も取得し、ニュージーランドで日本語の結婚式を挙げることができる数少ないニュージーランド人。

David Joll

David Joll

デービッド・ジョール

1962年、ニュージーランド生まれ。オークランド大学日本語専攻を卒業し、東京にある一橋大学大学院を修了。その後、帝国ホテル、不動産、貿易などの職業をしながら15年間の日本滞在経験を積み、日本永住権も持つ。日本の山が好きになり、クレイグとリチャードと共にロンリープラネット社のガイドブック「Hiking in Japan」を出版する。また、クレイグと共に日本の3000m峰全座を25日間で踏破した。

ハイキングガイドとして、NHKのテレビ番組「火山の島・神々の山を歩く~NZ北島~」に出演。スイスの山でも日本人の案内、また、日本各地に外国人のお客さまを案内している。  子供のころダイビングや体操でニュージーランド代表に選ばれた経験もあるが、その後、ラグビーの虜になり、ラグビー歴30年を持つ本物の“Kiwi男”。

2015年からはニュージーランド初の日本酒酒蔵をクイーンズタウンで立ち上げ、今は全黒酒造の杜氏として忙しい日々を過ごしている。

Tanken Tours

Yuriko McLachlan

ユリコ・マクラクラン

大阪生まれの大阪育ち。大学卒業後、大阪のリーガロイヤルホテルに5年間勤務の後、ホテルウーマンとして世界を駆け巡るという夢を抱き、1988年にクイーンズタウンへ初めて訪れた。パークロイヤルホテル(現クラウンプラザ)で日本人コーディネーターを1年務めた後、クレイグと結婚。クレイグと共に、タンケンツアーズの前身会社、パラダイスプロモーションズを設立し、観光ガイド、翻訳、ウェディングコーディネーター等の仕事を経て、現在に至る。3人の取締役の留守中にオフィス仕事を全て引き受ける世話係。
Tanken Tours

Tomoko Nakao

中尾 智子

南半球の雪を求めて、スキートレーニングで訪れたNZに魅了された一人。スキースクールの仕事をしながら、NZと日本、アメリカの冬を行き来する生活を送っていたが、クイーンズタウンの自然環境とNZの熟成した社会システムに心を打たれ、NZ永住を決意した。1996年以来、クイーンズタウンに定住して、冬はスキーインストラクター、夏はドライバーガイドの仕事をしながら、サザンアルプスの自然をエンジョイしている。
Tanken Tours

Errol Neutze

エロル・ノイッツィ

クライストチャーチにあるリンカーン大学国立公園並びにレクリエーション学を専攻。アーサーズ・パス国立公園にあるアウトドア教育センターの管理職を5年務めた後、東南アジア並びに日本を訪れる。1年の予定だった日本滞在を5年に延長して日本全国津々浦々まで旅行した。アオラキ・マウントクック国立公園でのトレッキング・ガイドとしての経験もあり、NZ最高峰アオラキ・マウントクック登頂にも成功している。NZのベテラン・ガイドの一人。予定より長い日本滞在で見つけた岡山美人と結婚し、自慢の可愛い娘「ルビー」との三人家族。
1987年にワーキングホリデーでこの地を訪れて以来、日本の冬とNZの冬を行き交う事10年。スキーインストラクター、スキーガイド、スキーパトロール、バスドライバー、シェフ、土方、南半球放浪等の経歴を持つ。2000年、冬だけの生活に終止符を打ち、NZを定住の地とする。トレッキングガイドやスキーガイド等、四季を通じ自然の中での仕事を生業とする。娘の深雪は大学に行くため離れてしまったが、妻とともに家庭菜園や石鹸作り、トレッキング、スキー、キャンプ等を楽しむ。
2001年に林業の研究でNZ北島東海岸へ訪れた折、自然の美しさと人々の生活のシンプルさに感動を受け、2006年に今までのキャリアを捨ててNZ移住を決意。北島のトンガリロ国立公園での自然保護官、スキー場のスタッフ、スキー場や病院での医療通訳、ルートバーンとミルフォードトラックのガイド部長補佐などの仕事をし、今は日本のお客さまをNZのハイキングにご案内する仕事を主にしている。冬はスキー、夏はトレッキング、ロードバイク、パドルボードなどを楽しみ、マウンテンバイクやトレイルランニングの大会にも出場している。ウェブデザインやウェブサイトの作成の副業もこなす。